【川崎市・多摩区の通り魔事件】犯人の生い立ちは?名前や顔画像はある?

生い立ち&エピソード

4日の夜7時ごろ、川崎市多摩区の路上で通り魔事件が発生しました。

被害にあったのは男児(5)とその母親(48)、また別の場所で20代の女性を切りつけた模様です。

3人はいずれも軽傷との事ですが…
犯人は「殺してあげたかった」と発言しており、殺すつもりだった事がわかります。

この記事では
【川崎市・多摩区の通り魔事件】犯人の生い立ちは?名前や顔画像はある?
と題して書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

事件の概要

【速報】川崎の住宅街で男の子ら3人切られる、殺人未遂の疑いで男逮捕【news23】

4日午後7時ごろ、川崎市多摩区で「刺された」と女性(48)から110番通報があった。川崎市消防局によると、この女性が右脇腹に切り傷、19歳の女性が腹部や顔面などに打撲と左腕に切り傷、5歳の男児が左腕に切り傷を負った。3人はいずれも軽傷という。

 神奈川県警が詳しい状況などを調べている。現場はJR南武線久地駅から北約600メートルの住宅街。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/ab93e6a390b92f999aaa41834918e18bcefb02d3

被害者と犯人は面識がないとの事ですが
被害者が幼い子供や、女性ばかりなところを見ると
自分より弱い相手を狙って犯行を行った…としか思えませんね…。

犯人の名前や顔画像はある?

このような事件が起こった場合、基本的には実名報道がなされるはずです。
実名報道は、個人のプライバシーよりも国民の知る権利が優先されるとされるためです。

ですが、今回は現在までに犯人の名前や顔が報道されていません。

実名報道されない理由としては

・犯人が未成年
・捜査段階で犯人の確率が低い
・在日外国人
・軽微な犯罪
・刑事責任能力が無い

という事があげられます。

現在、警察は『刑事責任能力の有無を慎重に調べている』
との事なので、責任能力の有無によっては、今後も名前や顔画像が
出てくる事はないかもしれません…。

※現在、犯人が精神障害であれば実名報道を控える傾向です。
(不起訴となり無罪となる可能性がある為)

犯人の生い立ちは?

この犯人が誰なのか、詳しい情報はわかっていませんが
通り魔として有名なのは、やはり秋葉原で2008年に発生し、7人の方が亡くなった
秋葉原通り魔事件ですよね。

この犯人である加藤智大は、母親の厳しすぎる教育を受けて歪んでしまったとも言われています。

「殺してあげたかった」と発言するという事は
過去に何らかきっかけとなる出来事があったという事かもしれませんね。

スポンサードリンク

世間の声は?

https://twitter.com/haru_uber/status/1445139257866088450?s=20
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生い立ち&エピソード ニュース・事件
plus事務局をフォローする
media+(プラス)
タイトルとURLをコピーしました