島津冬樹の段ボール財布はどこで買える?作品の値段や購入方法【Carton】

お役立ち

段ボールで作られた財布で有名な島津冬樹さんのブランド【Carton】
持っていると絶対話のネタになりますよね!

最近はテレビやメディアで取り上げられる事も多くなり、気になっている人も多いようです。

という事で、この記事は
島津冬樹の段ボール財布はどこで買える?作品の値段や購入方法【Carton】
と題して書いていきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合いください♪

スポンサードリンク

段ボール財布コレクション

『不要なものから大切なものへ』というコンセプトのもと作られた段ボール財布。
「サステナブル」や「SDGs」が叫ばれる今の時代にとてもマッチしていますね♪

SNSを見てみると、とっても素敵な作品を多数見つける事ができました♪

https://twitter.com/snowmottori/status/1400417272544432134?s=20

段ボールとして置かれていると気にも留めないと思いますが
そこに意味を見出し、価値ある物に作り替えるという作業は
本当に素敵ですね♪

値段は?

とある番組の影響で『財布が2万円』という言葉が一人歩きしていましたが
値段はモノによってピンからキリまであるようです。


⬆︎Coin & Card Wallet of Cardboard-
Model 2016
サイズ:11.5cm x 7cm
価格:4,000円(税別)


⬆︎Long Wallet of Cardboard-
Model 2015
サイズ:9cm x 19cm
価格:10,000円(税別)
引用:https://tabi-labo.com/259896/carton


⬆︎段ボール 財布
上:7,000円+税
中:20,000円+税
下(左):15,000円+税
下(右):5,000円+税
参照:https://www.imn.jp/post/108057201578

高いか安いかという意見に関しては賛否両論あります。
(主に否が多いですが^^;)

https://twitter.com/YukiNf2/status/1400416579565723654?s=20

「ただの段ボールとして捉える」のか
「価値の無かったものに価値が与えられた」ことに対して意味を感じるかで
値段に対する感じ方も変わってきそうですね。

ちなみに現在活動停止中の嵐・大野くんは以前段ボール財布作りに挑戦した際

「わかんない人にはわかんない。俺はこういうのわかります」

と発言していました。

全ての人には分からなくても、刺さる人には刺さる。
価値観は人それぞれなので、それで良いのだと思います。
うん、良いこと言った。

購入方法は?

島津冬樹さんの作品は、Cartonの公式ホームページから購入することができます!

ホームページの右上にショップの表記があるのですが、
ちょっとわかりにくいので下にリンク先を貼っておきますね(^^)

Carton Store
Carton Store


セールもしているみたいですね〜!ちょっと意外。
そしてめちゃくちゃ売れている…
全て1点ものだから、すぐsold outになっちゃいますね^^;

スポンサードリンク

また、島津冬樹さんは『段ボール財布の作り方』という本を出版されており
作品を購入するほどではない方や、自分で作ってみたいと思われる方は
ぜひ手にとってみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

島津冬樹の段ボール財布の作り方 (レディブティックシリーズ) [ 島津冬樹 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/6/10時点)

楽天で購入

 

スポンサードリンク

耐久性は?

段ボールだからすぐにボロボロになってしまうのでは…と心配になりますよね^^;
⬇︎6ヶ月愛用された方のツイートを発見しました。

おぉ〜なんだか味がでて
これはこれでとても素敵ですね!

島津冬樹さん自身、一番最初に作った段ボール財布を
1年以上も使い続けていたということだったので、大切に使えば
数年は持ってくれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

島津冬樹の段ボール財布はどこで買える?作品の値段や購入方法【Carton】

島津冬樹の段ボール財布はどこで買える?作品の値段や購入方法【Carton】記事のまとめです。

*島津冬樹の段ボール財布はCartonのホームページから購入可能で、たまにセールもしている!

*作品の値段はピンからキリまで。価格帯は3,000円〜20,000円と幅広い。

*高いと感じるか安いと感じるかはその人次第。

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち
plus事務局をフォローする
media+(プラス)
タイトルとURLをコピーしました