【河村たかし】金メダルに歯型や跡は残った?かじり行為がキモいと大炎上!

スキャンダル

オリンピックのメダルラッシュに沸く日本。

コロナ禍で暗い雰囲気の中、オリンピックのメダル速報は
本当にみている側に勇気を与えてくれますよね!

ですが、その努力の結晶に水を刺すような出来事が…

なんと、名古屋市の市長である河村たかしさんが、表敬訪問に訪れていたソフトボールの日本代表・後藤希友(ごとうみう)選手の金メダルにかじり付いたのです!!!

え、ありえない…
歯型とか残ってたらどう責任とるんだこのオヤジ…

世間の反応を見てみると、やはりこの行為を「キモい」「あり得ない」と思った人が多く、SNSは大炎上し、同じオリンピックのメダリストからも批判が殺到しています。

と言うことで、この記事は
【河村たかし】金メダルに歯型や跡は残った?かじり行為がキモいと大炎上!
と題して書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

金メダルを噛んだ

後藤選手は投手として、東京五輪で活躍し見事金メダルを獲得。8月4日、出身地の名古屋市で河村市長を表敬訪問していた。

河村市長はその場で「金メダルを首にかけてほしい」とリクエスト。後藤選手が市長の首にメダルをかけた、その直後だった。

河村市長:
あぁ~重てやぁな本当に、これ。重てやぁですよ。な。こうやって…

こう言いながら、あろうことかマスクを外し、金メダルをかじってみせたのだ。

突然の行動に苦笑いの後藤選手。

選手の大切なメダルをかむという河村市長の非常識な行動にいま、批判の声が殺到している。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/4a5b8c14a5ea396e33ca8a0998f62133084e1340

あ〜!!!
何回読んでも腹が立ちます!!!

後藤希友選手が努力して獲得した金メダルを「首にかけて」と言った時点で私はもう無理なのですが…

その後噛むって…一体どう言う神経なのでしょうか??

歯型は残った?

河村たかし市長は、金メダルに

『歯が食い込むようなかみ方はしていない。跡は付いとらんと思う』

と話していますが…本当でしょうか?

 

実は、この騒動を見越して(ではないと思いますが)東京オリンピック組織委員会が、7月26日に公式ツイッター英語版にて

「メダル、噛まないで…食べられません!(medals are not edible!…you don't have to bite them)」

というツイートを行なっています。

 

元々、金メダリストが「メダルを噛む」という行為は、純金をアピールする行為が発祥とされていました。

実際の金は柔らかく、強く噛むと跡が残ります。

ですが、五輪で使われている金メダルは純金ではなく、国際オリンピック委員会(IOC)が定める規定では、純度92.5%以上の銀に6グラム以上の金メッキが施しているとされています。

金メダルが純金ではなく、歯で噛んでも跡が残らないので、組織委員会は「メダルを噛まないで」と助言したようです。

と言うことは
歯型は残っていないと考えて間違いないでしょう。

ちょっとホッとしましたね。

ただ、かじられた後藤希友選手の心には、歯型ならぬ傷跡が残ってしまったのではないか…と心配です…。

世間の声は?

 

選手にとってオリンピックのメダルは一生の宝物。それを他人が無遠慮にガブリはないと思います。河村市長は人の気持ちに鈍感になっているようですが、政治家なのですからもっと気配りが出来るようになった方が良いと思います。

 

これがおじさんの正体です。
こう言う事が許されてきた人たちのひとりです。
でも、時代は流れている。
こう言う事がまだまだまかり通る。
今回の五輪は日本の恥を色々さらけ出せて、ある意味良かったと思う。
日本って本当に遅れてる。

 

上に立つということの重みが解ってない人
謝罪も気持ちがこもって無いと感じました

仮にも名古屋市民の代表なのですよね?
辞任が1番良いと思います。

メダリストからも批判が

河村たかし市長の行為は、メダリストからも批判が相次いでいます。

 

(柔道60キロ級金メダル:髙藤直寿選手のSNSより)
自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに 怒らない後藤選手の心の広さ凄すぎ 俺だったら泣く。

 

スポンサードリンク

【河村たかし】金メダルを噛んでキモいと炎上!歯型や噛んだ理由は?

【河村たかし】金メダルを噛んでキモいと炎上!歯型や噛んだ理由は?記事のまとめです。

*河村たかし市長がかじり付いた金メダルは、純金ではないので歯型は残っていないと思われるが、噛まれた後藤希友選手の心に傷は残ったのではないかと思われる。

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スキャンダル
plus事務局をフォローする
media+(プラス)
タイトルとURLをコピーしました