宜保愛子の霊能力は本物?ヤラセ?霊視内容の矛盾まとめ

テレビ

霊能者として、圧倒的な知名度を誇る宜保愛子さん。
その死後も「彼女は本物だった!」という声が後を断ちません。

しかし、宜保愛子さんの霊視は事前調査をすればわかる事も多く、またいくつか矛盾も指摘されています。

という事でこの記事は
宜保愛子の霊能力は本物?ヤラセ?霊視内容の矛盾まとめ
と題して書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

存在しない階


参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E5%A1%94

宜保愛子さんは1993年12月30日に『新たなる挑戦II』(日本テレビ)に出演したのですが、ロンドン塔ブラディ・タワー※を霊視した際、上階に置いてある天蓋付きのベッドに、エドワード4世の2人の王子、エドワード5世とリチャードが座っていると発言しました。

※ブラディ・タワーとは「血まみれの塔」という意味で、高貴な身分の囚人が幽閉されていました。15世紀後半にエドワード4世の二人の息子が幽閉され、その後行方不明となり、最終的に彼らの遺体は150年ほどたってから白骨化して見つかったそう…。
エドワード5世の後に王座に就いたリチャード3世が、王座を手に入れるために二人を暗殺したと考えられています。その為、ロンドン塔では、子どもの駆け回る足音が聞こえたり、手をつないだ二人の姿を見かけることがあるそうですよ…。

ですが、後の検証によると、宜保愛子さんが階そのものが王子たちの死後1世紀経ってから増築されたものであり、天蓋付きのベットも当時は無かった事が明らかになっています。
また、その時の透視の描写が夏目漱石の「倫敦塔」と一致しており、小説の引用であるという意見が多くみられました。

霊視が嘘で、その上描写が引用となると…
少し信頼が揺らいでしまいますね…^^;

著書に掲載した写真が無断盗用

宜保愛子さんは、著書『宜保愛子の死後の世界』という本を出していますが
この本に「霊」として紹介されている写真が、実は物理学者の大槻義彦さんのプラズマ実験写真であり、無断で使われていた事が発覚します。

家族で固めた個人事務所

また、物理学者の大槻義彦さんは

霊能者の宜保愛子は、6人のスタッフ(家族でスタッフを固めた「オフィスワン」という個人事務所)で事前調査をしていました

と話していました。

また、霊能力と称しているものはトリックで説明がつく為、実験に立ち会ってチェックさせてほしいと対決を申し込みましたが、この対決は宜保側がキャンセルした為実現しませんでした…。

霊能力が本当なら、実験に参加して証明できる絶好のチャンスだと思うのですが…。

スポンサードリンク

宜保愛子の霊能力は本物?ヤラセ?霊視内容の矛盾まとめ

宜保愛子の霊能力は本物?ヤラセ?霊視内容の矛盾まとめ 記事のまとめです。

*宜保愛子の霊能力は「本物だ!」という声も多いが、矛盾点や疑問点もいくつかある

*疑惑を晴らすチャンスであった対決を、宜保愛子さんの方から拒否した

ただ、宜保愛子さんは71歳で亡くなるのですが、その際
天敵だった大槻義彦さんは

霊感商法等により露骨な金儲けを行うような事は一切なかったところは評価できる。私は彼女の霊的現象について疑義を持っていろいろと批判、検証はしたが、彼女の人間性や人柄までは否定するつもりは一切なかった。

と話しており、世間の評価も宜保愛子さんの人間性に対しては好意的な声が多かったです。

現在もなお、有名であり続けるのは
宜保愛子さんの霊能力だけでなく、人間性による所も大きいのでしょうね。

以上、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

↓貴方にお勧めの記事はこちら

宜保愛子の弟子はパトラ美月って本当?霊感や霊能力は本物?
伝説の霊能力者、宜保愛子さん。 惜しくも71歳でこの世を去りましたが、30代以上の方なら 「霊能力者」=「宜保愛子」という認識の方も多いのではないでしょうか。 弟子を取らなかったとされる宜保愛子さんですが、現在『パトラ美月』という方が...
【宜保愛子】香港・幽霊屋敷の場所はどこ?(画像)現在は高級住宅街!
霊能者として有名な宜保愛子さん。 30代以上の方にとってはもはや一般常識と言える程有名な方ですよね。 残念ながら2003年に71歳で亡くなってしまうのですが その能力は本物だったという声が後を断ちません。 さて、そんな有能な霊能者で...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ
plus事務局をフォローする
media+(プラス)
タイトルとURLをコピーしました