【新卒の就活】試験会場にタクシーで行っても良い?面接官の印象は?

就職活動

就職活動では、今まで行った事のない場所に行く事も多いですよね。

初めて行く場所となると、道に迷ってしまう可能性もあり
『タクシーを使いたい!』と思う方も多いと思います。

ただ…

就職試験や面接の会場にタクシーで行くと、面接官の印象はどうなのでしょうか。

【新卒の就活】試験会場にタクシーで行っても良い?面接官の印象は?
と題して書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

試験会場までタクシーで行っても良い?

まず就職試験の会場までは、基本的に公共交通機関で行く事が想定されています。

もし、どうしても公共交通機関だけではたどり着けない所に会場がある場合は
予め会社側より『最寄り駅からタクシーを使用してください』などと連絡があるはずです。
(もしくは会社側から送迎があるなど)

もし、それが無かった場合は、基本的にはタクシーを使わず行く事をお勧めします。

タクシーを使わない方が良い理由

※この記事は新卒の方を主な対象として書いています。
既卒の方に関しては、下記が当てはまらない訳ではありませんが、もう少し緩く見られると思います。

では、何故タクシーを使わない方が良いとされるのでしょうか?
タクシーを使った場合、面接官が受ける印象を記載してみました↓

  • (タクシーを使わなくても行ける場所にあるのに使用したという事は)事前に場所などの下調べを行なっていないのではないか?
  • 短い距離でもタクシーを使うのは、金銭感覚が弱いのではないか?(就職後も、経費に無頓着なのでは?)
  • まだ若いのに、けしからん!ワシらの時代はこれくらいの距離は…(以下省略)

タクシーを使用することに対してどう思うのかは、正直面接官によって変わるのですが
より年配の方の方が、タクシーの使用に対してマイナスイメージを持つ傾向があるかな、と思います。

また、面接官の印象も大切ですが
就職後に毎日タクシーを使うわけにもいきませんよね^^;
『これから毎日この道を通勤で歩くかもしれない』と思いながら行くことは
会社選びの際のポイントになってくると思いますよ!

もしタクシーを使う場合はこの点に注意!

ただし、どうしてもタクシーを使いたいのであれば下記の点に注意してください。

  1. 会社の目の前で降りるのではなく、信号の1つ前など少し遠い場所で降りる。
  2. 面接では『ここまでどうやって来られたのですか?』と聞かれる可能性がある。

やはり、会社の目の前までタクシーでこられると、採用側も少し身構えてしまいます。
会社の少し前でタクシーを降り、少し歩いて向かわれることをお勧めします。

また、面接ではアイスブレイクの質問として、『ここまでどうやって来られたのですか?』など質問されることがあります。

そして、ここで大切な事は『嘘をつかない』という事です。

なぜなら、試験会場の周辺にはその会社で働いている人が多くいて
面接官が貴方がタクシーで来ていた事を知っている可能性が十分にあるからです。

例え会社の少し前でタクシーを降り、『誰も見ていないから大丈夫だろう…』と思っていても、
バレている可能性があります。
そして、もし面接で嘘がバレると面接官の貴方の印象はかなり下がります。

その点をよく知っておいて欲しいのです。

ですので、もし聞かれた際の伝えかたも併せて考えておきたいですよね!
今だとコロナの感染対策として、タクシーを利用しているという方の話も聞きますし
伝えかた次第では好印象となる可能性もありますよ(^^)

スポンサードリンク

【新卒の就活】試験会場にタクシーで行っても良い?面接官の印象は?

【新卒の就活】試験会場にタクシーで行っても良い?面接官の印象は?記事のまとめです。

*試験会場までタクシーを使うのは、(採用側から何も言われていない限り)なるべく控えた方が良い。

*タクシーの使用に関して、どんな印象を受けるのかは面接官によりけりだが、年配の面接官ほどタクシー利用についてあまり良い印象を持たない傾向がある。

貴方の就職活動のご参考になれば幸いです!
以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
就職活動
plus事務局をフォローする
media+(プラス)
タイトルとURLをコピーしました