【オードリー若林】リアルサイコパス&腹黒エピソードまとめ!

芸能

おもしろ荘をきっかけにブレイクし、今でも老若男女から愛される「オードリー」。
現在のレギュラー番組本数は13本と、売れっ子中の売れっ子芸人であることは一目瞭然。
最近は、芸人なのにアイドルのように愛でるちょっぴり変わったファンが増えてるみたいですね笑
そんなこともあってなのか、若林さんの性格にまつわるいろんな情報がネットを錯綜していまして…
Yahoo知恵袋には「オードリーの若林さんの性格悪いと思いませんか?」「オードリーの若林さんの腹黒なんですか?」「オードリーの若林さんはブラックなんですか?」のような、若林さんの性格を悪いと見ている質問が多数ありました!
その理由を探ると、見た目からは想像できないサイコパスエピソードがたくさんあることが主なようです笑

ということで今回は!
オードリーの若林さんの性格を始めとしたプロフィールとサイコパスエピソードをまとめてみました。
この記事を読んだら若林さんを見る目ががらり変わるかもしれません笑

ぜひ最後までお付き合いください。

スポンサードリンク

オードリーの若林の性格は?プロフィールまとめ!

まずはオードリーの若林さんの簡単なプロフィールです!

・本名:若林正恭(わかばやしまさやす)
・生年月日:1978年9月20日
・出身地:東京都中央区
・身長:169センチ
・最終学歴:東洋大学文学部
・活動時期:2000年から

このほか、性格に関しては数えきれないくらい色んな情報があります。笑
TVでなんとなく若林さんを見ている人は「冷静」「ネガティブ」「根暗」といった大人しい印象を受けている人が多いようですが、本来の若林さんはそうではないみたい…
基本的にひねくれた考えを持っていて、斜に構えて社会を見ていたりしていて、ラジオのリスナーから「黒林」と呼ばれるほど腹が真っ黒なんです!
当の本人も自分の性格が悪いことを認めていて、「性格が悪くなければ深夜ラジオなんてやらない!」と暴論を吐いたこともありました。

正直見た目がベイビーフェイスで小動物ぽくて愛らしいけど、性格はちょっと怖めですね笑
以前放送していた日本テレビの深夜番組の「たりないふたり」でも、呑みの断り方や先輩の自慢話の止め方を披露していて、いかに自分が嫌いな人間と関わらなくて済むかをよく考えてることからも、サイコパスと呼び声があるのも頷けちゃいます笑

そんな若林さんも数年前に女優の南沢奈央さんと交際し、今は一般の人と結婚していることから、彼を好む女性がいるのは事実。
人間として魅力が溢れているのは間違いないでしょうね。

オードリー若林のサイコパスエピソード一覧!

オードリーの若林さんの性格が悪いことがなおわかる、サイコパスエピソードをまとめましたので是非ご覧ください。

・帰宅直後、靴下を脱ぎ壁に投げつけ、ストレス発散する。
・一人でジェンガをし、最後は蹴散らしストレス発散する。
・入浴後クラブミュージックを爆音で流しながら、両手に掃除用ワイパーを持って踊りながら掃除する。
・黒板と天井の間にラグビーボールを投げ、先生に怒られため教室を退出する。
・車の中で「あーあー!」と大声を出す。
・前に座る春日さんで黒板が見えず腹が立ち、髪をちょっとずつ切った。
・「どんなことがあっても死なない」と答えた春日さんに腹が立ち、時速30キロで春日を轢いた。(春日さんは上手く交わし無傷)
・中高6年間皆勤賞の春日さんを遅刻させるために校門近くでタックルをした。
・彼女に「寒いからマフラーしていく?」と聞かれ、「なめえんじゃねえぞ」と思い、別れる。
・マンゴーを食べやすく切ってくれた彼女に対して「俺に喜びを与えることに生きがいを感じるんじゃねえ」と思う。
・美術の授業で春日さんの絵が完成する間際に「それ破っていい?」と聞き、「やれるもんならな」と言われたため、躊躇わず破いた。
・バイト先の頬骨が出ている先輩に「その頬骨、ヤスリで削ろうか」といじり、泣かせる。
・春日さんの誕生日を祝う理由がわからず「誕生日 なぜ祝う」で検索する。
・漫才の舞台登場前に春日のズボンのチャックを下ろす。

こうやってサイコパスエピソードをまとめると、とんでもなく恐ろしく面白い人間なんだなと思っちゃいました笑

だからこそ、これだけ人気なんでしょうけどね〜

スポンサードリンク

【オードリー若林】リアルサイコパスなエピソードまとめ!

いかがでしたでしょうか?

オードリー若林さんのことを知れば知るほど、その深みにハマってしまいますねw
相方の春日さんもなかなかのクレイジーさで有名ですが、本当の意味でヤバイのは若林さんなのかも知れませんね!

これからも益々オードリーから目が離せなくなりそうです。

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
plus事務局をフォローする
media+(プラス)
タイトルとURLをコピーしました